AGA 原因

AGAの原因は、男性ホルモンの影響が
一番大きいと考えられています

AGAの原因は、男性ホルモンや遺伝、生活習慣など様々な要因が考えられますが、男性ホルモンの影響が一番大きいと考えられています。
髪の毛には「ヘアサイクル」と呼ばれるものがあり、正常なヘアサイクルが保てなくなると抜け毛が増えてきます。このヘアサイクルは男性ホルモンと密接な関係があります。1回のヘアサイクルは、2年から6年間維持されますが、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種の影響を受けると髪の寿命が数ヶ月から1年程度と短くなり、硬毛に成長する前に抜けてしまいます。また、毛球部が委縮して消失してしまう毛包も増えていき、薄毛となってしまうのです。

実は遺伝もAGAの原因のひとつと考えられます
AGA(遺伝)

薄毛の原因となる原因遺伝子がいくつか発見されているためです。男性ホルモンの受容体遺伝子に特徴がみられる家系で薄毛が認められたということがあります。実際に、家族や親戚で薄毛が多い例は多く見られます。

生活習慣の乱れ、ストレスなどの後天的要素も原因のひとつです。偏った食事や不規則な生活は、髪の成長に必要な栄養の不足を招き、薄毛や抜け毛につながります。
バランスのとれた食事、規則正しい生活、適度な運動などを心がけることが重要です