1. HOME
  2. AGAについて
  3. AGA治療

AGA治療

AGAの治療法は様々です。脱毛・抜毛の原因を抑える内服薬治療、発毛を促進する薬剤注入治療など成長因子施術と薬の併用が主なものです。
内服薬には副作用の症状が見られる場合があるので医師と相談して処方してもらいましょう。

内服薬

内服薬には、プロペシア、ミノキシジル、ザガーロなどがあります。それぞれ、成分や価格が違い、人によっては副作用のあるものもありますので医師と相談して自分に合った薬を処方してもらいましょう。

プロペシア
薄毛改善

プロペシアは、抜け毛予防の有効成分「フィナステリド」を主成分としています。AGAの進行を抑え抜け毛を減らしていき、薄毛を改善することが可能です。価格は7,000円程度です。副作用としては、食欲減退・全身倦怠感などがある場合があります。


ミノキシジル
発毛・育毛

ミノキシジルは、発毛・育毛に効果があります。元は、降圧薬として高血圧の治療に用いられてきました。その副作用として発毛がみられたことから、改良されAGAの治療薬として使われるようになりました。価格は、6,000円程度です。副作用としては頭痛やむくみなどがある場合があります。


ザガーロ
抜け毛予防

ザガーロは、抜け毛を防ぐ作用を持つ男性専用の薬です。元は、前立腺肥大症の治療に用いられていたもので、発毛の症状がみられたことから、AGA治療薬として使われるようになりました。価格は10,000円程度です。副作用としては、性機能不全などがある場合があります。


外用薬
発毛・育毛

外用薬でも有名なのが、ミノキシジルです。これは市販の育毛剤にも配合されているため医療機関を受診しないでも購入する事ができます。価格は数千円程度です。発毛と育毛、脱毛の進行予防のための育毛剤です。最も多い副作用は頭皮のかゆみです。

成長因子施術
成長因子施術とは、その名のとおり、成長因子を使用した施術の事です。
成長因子には、発毛を促す様々な成分が含まれており、それを直接頭皮に注入します。オリジナルの成長因子を使用しているクリニックもあります。内服薬と外用薬、成長因子注入を複合して治療する場合も多くみられます。全く痛みのないわけではありません。価格は、クリニックによって異なります。施術内容も少しづつ違うように価格帯にも違いが出てきます。初回は安価で始められるところや、安値を売りにしているところもあります。数千円から数万円と幅があります。自分の症状にあった治療を選択することが大切です。


AGA治療

それぞれの効果も人によって違います。同じ薬を処方しても1ヶ月たたないうちに効果が出る人、2ヶ月たっても効果が出ない人、様々なパターンがあります。すぐに効果が出ないとあきらめないで、継続していくことが必要です。
各クリニックによって主な施術法も違ってきます。自分の希望や予算に合ったクリニックを選択するといいでしょう。

目次

「費用はどれくらいかかるのか?」
「治療の期間や方法を知りたい」
治療に関するどのようなご質問にもお答えいたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

(受付時間 9:00~21:00 )