AGA症状

AGAの症状としては、前頭部こめかみ部分から、頭頂部に食い込むように頭髪が抜ける、前頭部全体から、頭頂部へと後退するように抜け毛が進行する、頭頂部のつむじから円形に抜け毛がはじまり、前頭部まで進行するなどがあります。

AGAは、「男性型脱毛症」のことで成人男性によくみられる、
生え際や頭頂部の毛髪が薄くなってくる症状のことです。

進行パータン

進行パータンとしては、M字型(前頭部こめかみ部分から、頭頂部に食い込むように頭髪が抜ける)、U字型(前頭部全体から、頭頂部へと後退するように抜け毛が進行)、O字型(頭頂部のつむじから円型に抜け毛がはじまり、前頭部まで進行)などがありますが、そのパターンや進行具合は人によって異なります。
年齢的には、20代~30代で気になるようになってきているとしたらAGAの可能性が高いでしょう。早い人では10代で発症する方もいます。
髪をとかしたり、シャンプーのときに抜け毛が多くなった、以前と比べ髪が細くやわらかくなった、髪の伸びが遅いなど気が付いた方はAGAの初期段階かもしれません。
AGA症状

AGAの原因

AGAの原因はいろいろありますが、男性ホルモンによるもの、遺伝、ストレスや食事・生活習慣によるものが代表的です。
人の髪の毛は約10万本程度あり、その中でランダムに約2~6年で生えかわっているので、全体的に頭髪を維持する事ができます。ヘアサイクルには3つの期間があって、それぞれの期間を移行してサイクルが一周するのですが、そのヘアサイクルの一環で脱毛してしまい、新しく生えてくる髪の毛が早期に抜けてしまったりすることで髪の毛全体または部分的に薄毛になるのです。 親族に薄毛の方がいる場合、遺伝として薄毛になりやすい可能性はあります。
ストレスや睡眠不足、不規則な生活も、自律神経が乱れ血流が悪くなり、頭皮への影響が出てくることがあります。
また、偏食や喫煙も発毛サイクルを乱し、AGAの原因となります。

規則正しい生活や、バランスのとれた食事、適度の運動など生活習慣を見直せば、AGAのリスクを少なくすることができるでしょう。